28日
- 2018年
5月
Posted By : admin
医師の求人の3種類の探し方、それぞれの特徴

友人や知人の紹介について

医師として仕事をしている人が現在働いているところからの転職を考える場合、大きく分けると3つの方法があります。それぞれの特徴を確認しましょう。1つ目は友人や知人からの紹介です。友人や知人であれば、こちらがどんな仕事をしたいのかについてしっかりと把握しているでしょうから、紹介される勤務先にはハズレが少ないです。しかしながら個人的なつながりを利用しての転職のため、契約内容があいまいになることもあります。たとえ友人の紹介であっても契約内容についてはきちんと確認しましょう。

人材紹介会社での転職

人材紹介会社を利用して転職をしたという人も多いです。人材紹介会社はこちらが登録した際の希望条件に沿った勤務先を紹介してくれるので転職先を探す手間が省けますが、人材紹介会社全てが優れたノウハウを持っているわけではありません。最近ではネットの一般化に伴って人材紹介会社も増加しています。本当に実力がある会社かどうかをしっかりとチェックしてから利用するようにしましょう。

自己応募やドクターバンクによる転職

3つ目は昔からの転職法である、自分自身で応募する方法や自治体などのドクターバンクに登録する方法です。求人サイトなどを利用していない医療機関にも応募できますし、ドクターバンクの場合は国の自治体が対応してくれます。一方で転職に関する情報収集や活動を全て自分でおこなうため、時間がかかることや実名での活動のため、転職活動中に自分の勤務地に知られる可能性があるというデメリットもあります。

人材紹介会社の活用が、迅速な医師の募集の秘訣です。希望の診療科目や人物像をリクエストするだけで、医師探しを代行してくれます。