26日
- 2018年
5月
Posted By : admin
歯科衛生士ってどんな仕事?求人の探し方も紹介!

歯科衛生士とはどんな仕事なのか

歯科衛生士とは名前の通り歯科で仕事をしている職種の一つで、主に歯科医師のサポートを行っている助手的な役割を果たしている人を指しています。一見すると歯科助手と同じ仕事をしていると思いがちですが、歯科助手が資格不要なのに対して歯科衛生士は国家資格を取得した人のみが従事しているという違いがあるのです。その仕事内容は主に歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導の3つとされていて、歯科助手が認められていない「口の中に触れながら仕事をする」ことができるところが特徴となっています。

歯科衛生士の働く環境について

歯科衛生士は基本的には歯科医院で活躍しているほか、大学病院や総合病院などの医療機関、市町村健康センターや介護・福祉施設、さらには歯科関連の企業で働いている場合もあります。いずれも国家資格として仕事をしているのでその需要は高く、臨床経験を重ねていくことでさらに上の資格取得を目指すことも可能です。働く環境そのものも決して悪いものではないのですが、歯科医院そのものは数が豊富であるためその環境も多種多様であるとされています。

求人や仕事はどのように見つけるのか

転職や就職を検討する際、歯科衛生士の求人は様々な媒体で紹介されています。一般的には職業安定所のようなところから見つけるケースが多いのですが、それ以外にも歯科衛生士の求人を専門に取り扱っている転職サイトを利用している人も少なくないです。また歯科衛生士の学校経由で求人を紹介してもらうケースもあるので、幅広い方法で仕事を見つけることができるようになっています。

歯科衛生士の求人は女性を中心にしていることが多いです。一般的な求人サイトだけでなく、直接歯科医院で募集していることも少なくありません。