27日
- 2018年
2月
Posted By : admin
仕事の大半は一人で行える

一般的なオフィスでの仕事は、常に人とのコミュニケーションをしないといけません。社内にいる人と直接話したり、営業先などに行って話をしたりします。もちろん電話でもしますし、電子メールでも行います。コミュニケーションが仕事と言っても過言ではなく、コミュニケーションが煩わしいと感じる人には大変な仕事になります。トラックドライバーは仕事の大半を一人で行います。運送会社などならもちろん社長や上司などがいてコミュニケーションもそれなりに取る必要があるでしょう。でも朝や夕方に取るだけで、仕事中は運転がメインになります。決まった場所に行って荷受けをして、決まった時間までに運んで荷下ろしをするだけです。一人で仕事をしたい人に最適と言えます。

運送会社に雇用されるか個人で委託を受けるか

ネットショッピングが広がりを見せ、運送業界は非常に忙しい状態にあるようです。情報はどんどんネットなどで情報のやり取りが進んでいますが、物はネットに乗せられません。昔から今も実際に動かす必要があります。将来的には無人での輸送もあるのでしょうが、それが一般化するのはまだまだ先です。運送を支えるトラックドライバーの需要は高いと言えます。働き方として、まずは運送会社に雇用される方法があります。正社員、契約社員、アルバイト、いろいろな雇用のされ方がありますが、会社から依頼を受けた仕事をして給料をもらうスタイルになります。それ以外に個人事業としての働き方があります。荷物の輸送の委託を受け、輸送代金として荷主などからお金を受けます。

ドライバーの求人を探しているならば、報酬やシフトについて確認することが重要です。また、求められている免許の種類について確かめておきましょう。