29日
- 2017年
9月
Posted By : admin
医師アルバイトにはメリットがたくさんあります

常勤医師には制約があり大変

医師の世界は基本的には縦社会で、特に総合病院の常勤医師には院長や理事長の命令には絶対に従わなくてはならないなど、かなりの制約があります。そのような縛りが嫌いな医師にはアルバイト医師として働くという選択肢もあります。

院長や理事長からの縛りは少ない

基本的に常勤医師は常に院長や理事長の意向を気にしなければ仕事になりませんが、アルバイト医師だとそこまで気にする必要はないです。そのため気を使う必要はないです。

勤務シフトも自由です

常勤医師だと院長や医局長が勤務シフトを作るので、余程の用事がない限りそちらに従わないといけないですが、アルバイト医師の場合だと勤務シフトは自分で作成する事になります。そのため自分でペースで働く事ができるのもアルバイト医師の強みです。

デメリットもお忘れなく

しかしアルバイト医師にもデメリットはあります。まずは通常医師間で行われている勉強会には参加できないという事です。そのため常勤医師だと当たり前の医療知識でも、アルバイト医師だと知らないという事になりかねないです。次に税金関係ですが、常勤医師だと医療法人の事務スタッフが給与計算する際に税金や健康保険の計算まで全て行うので、医師個人で税金を処理することはありませんが、アルバイト医師の場合だと医療法人の事務スタッフは計算しない場合がほとんどなので、自分自身で税金や健康保険関係を役所で支払わなくてはいけません。

アルバイト医師として働く際にはこのようなメリットとデメリットを天秤にかける必要があります。

医師を非常勤として採用しようという意見があります。これは賃金を抑制しながら医者の数を増やすことで負担の軽減を行うのが主な理由です。